このサービスについて

NEDOプロジェクトについて

NEDO「高効率・高速処理を可能とするAI チップ・次世代コンピューティングの技術開発事業/研究開発項目③高度なIoT社会を実現する横断的技術開発」の委託プロジェクト「組合せ最適化処理に向けた革新的アニーリングマシンの研究開発」では、IoT(Internet of Things)社会において今後益々重要となる組合せ最適化問題を、従来の1000倍以上の高エネルギー効率で処理する「アニーリングマシン(イジングモデル型デバイス)」の基盤技術を、日立製作所、産業技術総合研究所、理化学研究所、情報・システム研究機構、早稲田大学という体制で開発しています。

本技術及び最適化計算プラットフォームがIoT社会で普及することにより、製造、エネルギー、農業、医療、金融、社会インフラ、流通、製薬などのありとあらゆる産業分野に対して計り知れない波及効果が見込まれると期待されています。

Annealing Cloud Webの目的

本クラウドサービスは、当事業で開発中のアニーリングマシンを幅広い方々に実際に体験して頂くことを目的として無料公開いたしました。それにより、(1) アニーリングマシンのユーザ層の拡大、(2) ソフトウェアなど関連周辺技術開発の加速、(3) アニーリングマシンのさらなる性能向上を目指します。

特に、ユーザ層の拡大に関しては、本クラウドサービスの利用を通じ、ユーザコミュニティの形成、強力なユーザ間連携が生まれることを期待しています。また本クラウドサービスを実際に利用し、ソフトウェアに組み込む取り組みを体験していただくことで、ソフトウェア開発を進め、かつ、アニーリングマシンに向けたソフトウェア技術者の育成を目指します。

さらに、当事業で開発中のアニーリングマシンに関する分かりやすい情報を提供し、利用者の方々のフィードバックを踏まえ、アニーリングマシンの性能向上につなげていきたいと考えています。