易しく学ぶ最適化フロー

多くの人にアニーリングマシンを使って欲しいという思いから、初級者向けにアニーリングマシンで最適化問題を解く工程を解説する記事を作成しました。

「課題整理と要件定義」「定式化」「入力データ作成」「アニーリングマシン実行」の4つの工程に分けて、それぞれの工程の手順やポイントを解説します。

1. 課題整理と要件定義

実際の課題をコンピュータに伝えるために、最初に問題を定義する作業を「学校の授業の時間割」をテーマに解説します。

2. 定式化

アニーリングマシンに解いてもらうため必要なイジングモデルの定式化について、「数分割問題」をテーマに解説します。

3. 入力データ作成

アニーリングマシンを動かすために入力するデータを準備する工程を「数分割問題」をテーマに解説します。

4. CMOSアニーリングマシン実行

作成した数分割問題のデータをCMOSアニーリングマシンに入力して実行し、結果を読み取る工程を解説します。

CMOSアニーリングマシンを用いた組合せ最適化システムの開発フローを、要件定義から実行までの一連の流れを通して体験することにより学びを一歩先に進めてみましょう。

渋滞解消のための信号制御最適化

渋滞解消のための信号制御を組合せ最適化問題としてCMOSアニーリングマシンによる処理を行い、信号制御システムとして実現する演習を行います。

組合せ最適化問題をアニーリングマシンで解決する具体的な事例を知りたい人は

組合せ最適化問題とは

組合せ最適化を身近な組合せ最適化問題として分かりやすい2つの例を用いて解説します。また、IoT社会における組合せ最適化処理の高速解法の重要性について述べます。

COVID-19感染対策を考慮し研究員シフトを最適化する

COVID-19の流行に伴い、感染リスクを考慮した制約条件の下、研究員のシフト作成をアニーリングマシンで行うユースケースを紹介しています。

保険会社の再保険ポートフォリオを最適化する

自然災害リスクに対応するため、保険会社が保有する膨大なデータを活用した再保険ポートフォリオ策定をアニーリングマシンで行うユースケースを紹介しています。

アニーリングマシンの使い方が知りたい人は

アニーリングマシンのための数学

アニーリングマシンが得意とする問題の特徴である「二次」「離散」を中心に、知っておくべき数学的前提を易しく解説します。